日本森の十字社とは?

日本森の十字社とは?

 一般社団法人日本森の十字社(以下、日本森の十字社)は、限りある資源を無駄にすることなく使いながら災害に備え、その活動を通して災害に対する意識や自然資源の保護を普及啓発していく団体であり、「BICHIKU-BOKU(びちくぼく)」はそんな日本森の十字社の考えを顕著にあらわす「間伐材を利用した緊急時の備蓄燃料」のブランドとなります。

詳しくはこちら

PR動画が完成しました!

いなべ市のいなべ自然楽校「イナスク」さんにご協力いただき備蓄木のPR動画の撮影を行いました。たくさんの方々に集まっていただき、備蓄木を割って出来た薪を使ってお湯を沸かし、持ち寄った非常食の試食もしていい機会になりました。すぐ横の青川では蛍も飛び交い、空には満点の素敵な満月!最高のロケーションとなりいい動画となりました!

「BICHIKU-BOKU」プロジェクト 「BICHIKU-BOKU」プロジェクト
「BICHIKU-BOKU」プロジェクト

現在、手入れが必要とされている人工林が増加していることが社会問題化しています。
その人工林の拡大をどうにかしないといけない、整備したいという想いと同時に、
ただ間伐するだけではなくその間伐材を何かに活用できないかと考えました。

手入れが必要とされている人工林の多くはスギやヒノキなどの針葉樹が多く、針葉樹は非常に火がつき易い為、備蓄燃料に向いているのではないかと考えました。

私たちはこれを「備蓄木(びちくぼく)」と名付け、緊急時により多くの人々の役にたてることのできるものへ変換しました。
そして、この「備蓄木(びちくぼく)」を通してより多くの人々に森に対する関心を持ってもらい、森とまちをつなげる手段になればと願っております。

詳しくはこちら
備蓄木ってなに? 備蓄木ってなに?
「BICHIKU-BOKU」プロジェクト
備蓄木ってなに?

備蓄木(びちくぼく)とは

「備蓄木(びちくぼく)」とは、災害時・緊急時に屋外で暖を取る際に必要な約60センチ状の丸太(備蓄燃料)のことです。
間伐から約1年間かけて生産します。

どんな時に使うの?

災害時・緊急時に屋外で暖を取る際に役立ちます。
専用の焚き台で備蓄木を焚けば、一度に大勢の人が暖を取ることが可能です。

冬に災害が起きた場合、暖を取れるかどうかは生命に関わります。
特に、高齢の方・小さなお子様にとっては非常に重要な問題です。
備蓄木を日頃から備え、年に1度実際に火を焚く防災訓練をすることでいざという時に役立ちます。

備蓄木ってなに?

ここが気になるその1 備蓄木びちくぼくができるまで

Step1

人工林に入り、木を間伐します。

Step1

Step2

間伐した丸太を1.8メートル~2メートルの長さに切ります。

Step2

Step3

人と馬とが協力して間伐材を搬出します。

Step3

Step4

間伐した丸太を更に三等分(約60センチ)します。

Step4

Step5

その場所で丸太を約1年間乾かします。

Step5

Step6

避難所や防災拠点に備蓄・保管します。

Step6

ここが気になるその2 備蓄木専用保管棚

備蓄木(びちくぼく)を約3立米(㎥)保管することができます。大工さんに依頼して制作した保管棚であるため非常に頑丈であり、長期に渡って安全に保管することができます。また、使用する材は人工林に多いスギとヒノキを使用しているため間伐材の有効活用につながります。

制作 製材 有限会社大兵材木店(三重県いなべ市)
       大工 西村信輝(三重県いなべ市)
       大工 杉山一男(三重県いなべ市)

備蓄木の保管方法

ここが気になるその3 備蓄木専用焚き台

籠状になっているため非常に燃焼効率がよく、緊急時に最適です。
約1立米(㎥)分で約12時間火を焚くことができ、保管棚1棚分で約36時間暖を取り続けることが可能。分解式のため大人2人で組み立て、収納可能。角パイプにメッキ加工がしてあるため屋外での保管が可能。

制作 尾内鉄工所(愛知県弥富市)

備蓄木の使用方法

ここが気になるその4 どうして馬と一緒に
木を搬出するの?

ここが気になるその4 どうして馬と一緒に
木を搬出するの?

手入れが必要とされている人工林の間伐は、林業機械が入ることが難しい狭い道なき道を通って木を搬出しなければならないことがほとんどです。
しかし、人が通ることができる場所は、馬も通ることができる。馬が木をひいたあとには、自然と道が生まれます。
またその道を通って木を出す。ひたすらその繰り返し。山には静かに馬の足音が聞こえます。人と馬,シンプルで昔ながらの方法が今見直されつつあります。
馬と働くことは山で働く人にも豊かさを与えてくれます。

どうして馬と一緒に木を搬出するの?

東日本大震災を教訓に

東日本大震災で被災された方から「津波から逃れたがそのあとの寒さが辛かった」
という声をお聞きしました。私たちは、東日本大震災を過去のことで終わらせず、これから起こる災害に生かしていくことが重要だと考えています。

備蓄木を備えるには? 備蓄木を備えるには?

備蓄木を普及させるために

大切な資源「間伐材」を
「災害時の温もりと灯火に」

皆様のご支援・ご協力を
よろしくお願い申し上げます。

一緒に「備蓄木プロジェクト」を支えて頂ける、寄付による「プロジェクトサポーター」大募集しております!

サポーターになる 日本森の十字社について
世界を変える為の17の目標
「陸の豊さも守ろう」

目標11
「住み続けられるまちづくりを」

目標11:都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする

「陸の豊さも守ろう」

目標13
「気候変動に具体的な対策を」

目標13:気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る。

「陸の豊さも守ろう」

目標14
「海の豊かさを守ろう」

目標14:海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する。

「陸の豊さも守ろう」

目標15
「陸の豊さも守ろう」

目標15:陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る。

「陸の豊さも守ろう」

目標17
「パートナーシップで
目標を達成しよう」

目標17:持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する。

日本森の十字社の「備蓄木 BICHIKU-BOKUプロジェクト」の活動はSDGsへの取り組みの1つとなります。

BICHIKU-BOKU
ブログ
Activity Report

ブログ一覧

お問い合わせ
contact us

まずはお気軽にお問い合わせ下さい! まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

ご意見・ご質問や見学のお申し込み等、お電話もしくはWebより
お気軽にご相談下さいませ。

0594-46-5115

(代表直通:080-2658-4327)